[No,12]DEATH 「死」とは何か

◆評価
・おすすめ度:★★☆☆☆
・思考の刺激度:★★★☆☆
・再読度:★★☆☆☆
◆「DEATH」を読む目的
・死の本当の意味を知る。
◆学び、気づき
・睡眠と死は厳密には区別出来ない
・死はなぜ悪いのか=剥奪説(死んだら人生における良いことが奪われる。
・最善の生とは?=自分が望んだだけ生きられること。
・死は良いものとなるはずだった人生をの一時期を奪うときは悪いもの、悪いものとなるはずだった将来を奪うときは決して悪くはなく
いいものになりうる。
・有限だから生をより大事にできる。
・自殺は常に正当であるわけではないが、正当な場合もある。
◆メモ
死とは人格と思考が無になるだけなので睡眠と死は厳密には区別出来ない。
剥奪説があるので死は怖いものになっているが悪いものとなる将来を奪うなら実は死は決して悪くはならない。
だが、いつのタイミングで将来が悪くなると決めつけるのかは難しい問題である。恋人に振られた会社をクビになったからと言って
その将来が悪くなると決めつけるのはあまりにも浅はかすぎる。今は辛くても将来ずっと辛いわけではないのだから。
この本を読むことによって今まで死について向き合ってこなかった人たちが少しでも死について考え自分の人生を見つめ直すことで今という時間(寿命)の大切さに気づき
より良い人生のきっかけになるのではないかと読んでみて思った。

最新情報をチェックしよう!
>You Tube:AXADORA

You Tube:AXADORA

【The best life today】 日常系Vlog。 チャンネル登録お願いします。